« おんないろ⑧~フェミニンブラウス編~ | トップページ | おんないろ⑩~アンティークウォッチ編~ »

2006年11月13日 (月)

おんないろ⑨~リトルブラックドレス編~

Audreyhepburnphotographc10101730_4Hepburnaudreyaudreyhepburn9906995_4












憧れのひと。ってきっと誰にでもいるわけで。

それが身近なひとだったり、有名人だったり。いまのひとだったり、昔のひとだったり。

わたしにも、憧れの女性はたくさんいます。

オードリー・ヘプバーンもそのひとり。

・・・わたしのみならず、オードリーのあの可憐さに魅了されるひとは少なくないはず。(というより、オードリーを嫌いというひとがいたら見てみたいデス)

今回は、(わたしの中で)オードリーといえばリトルブラックドレス。そして、(わたしの中で)リトルブラックドレスといえばオードリー。・・・というわけで、リトルブラックドレスがテーマ。

Audrey_hepburn_wearing_givenchy

セックス・アンド・ザ・シティでも、キャリーはじめ4人がリトルブラックドレスを着ているところがありますが(たしかパッケージか何かだったと思います。うろ覚えでスミマセン・・・)。同じ黒なのに、形が違うだけで印象が全然違いますよね。

そして・・・。

かの高村光太郎氏は『智恵子抄』で言っておられました・・・。

『をんなが附属品をだんだん棄てると どうしてこんなにきれいになるのか。』・・・と。

ちょっとニュアンスは違うかもしれませんが。おしゃれの仕方もそれはまた個性。いろいろないろを織り交ぜて、いろいろなものを組み合わせて、自分らしさを見出す。それも個性。

でも、わたしはやっぱりシンプルな中に自分らしさを出す。それが一番そのひとらしくて、一番の個性かなぁ、なんて思います。

Dscf0050black_2結婚式に招待されたとき、何を着ようかな。今度は黒じゃなくてほかの色にしようかな。なんて、いつも考えます。でも、なんだかんだで、リトルブラックドレスを着る機会なんて実際結婚式くらいしかないので、結局そうなっちゃうんです・・・。

わたしも・・・11月の2回の結婚式とも、黒になっちゃいそうです。

それもまたいいかな。シンプルだからこそ、自分の顔や体型に似合う形・サイズを見つけて、それを自身をもって着れたら、それがいちばん素敵。

黒という無難な色だからこそ、デザインで遊ぶもよろし。(わたしは今年は、こんなバルーンタイプを新調しちゃいました)。

以外に夢見させてくれるのが、着る人を選ばず、無難でシンプルな黒だったりして・・・。

|
|

« おんないろ⑧~フェミニンブラウス編~ | トップページ | おんないろ⑩~アンティークウォッチ編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148707/4175349

この記事へのトラックバック一覧です: おんないろ⑨~リトルブラックドレス編~:

« おんないろ⑧~フェミニンブラウス編~ | トップページ | おんないろ⑩~アンティークウォッチ編~ »